ツイッター自動つぶやきツール

羽生結弦、4回転サルコーミス“0点”でもSP94・87点

スポーツ

羽生結弦、4回転サルコーミス“0点”でもSP94・87点

 「フィギュアスケート・世界選手権」(21日、さいたまスーパーアリーナ)

 男子フリーが行われ、羽生結弦(24)=ANA=が最終組の1番滑走で登場した。右足首を練習中に負傷した昨年11月のロシア杯以来となる公式戦に、リンクに姿を見せた時点から客席から大きな歓声が上がった。しかし、ジャンプで1つ大きなミスが出た。得点は94・87点だった。

ピョンチャンでのショートプログラム

ツイッター 自動ツイート アプリ

ゴルフスイング動画レッスン

 冒頭の4回転サルコーが2回転サルコーにってしまい、この要素は0点になった。3回転アクセルは着氷。4回転トーループ-3回転トーループも2本目のジャンプで両手を上げるなど優雅に跳んだ。

 最初以外は、ほぼ完ぺきな演技を見せていただけに、悔やまれるミスとなった。羽生自身も晴れやかな表情とはいかず、首をひねりながらリンクから降りた。

 自己ベストの110・53点には届かなかった。報道陣には「いや~久々に頭が真っ白になりました」と振り返った。「ミスは仕方ないので、この気持ちを明日で出し切らず(フリーがある明後日にぶつけたい」と挽回を誓った。

 自国開催の世界選手権で大歓声を浴びたが、「ちょっと気張りすぎたかな。受け止めたい気持ちが大きかった」と表現した。


引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000153-dal-spo

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

ツイッター自動つぶやきツール