キムタクの「俺さま」エアホッケーでマツケンを無視 「SMAP解散原因が分かったよ」

エンタメ

キムタクの「俺さま」エアホッケーでマツケンを無視 「SMAP解散原因が分かったよ」

 この日、ネット上には「SMAP解散の原因が分かったよ」といった書き込みが大量に・・・
理由は木村拓哉がテレビ番組でエアホッケーの対戦、ここでペアを組んだ松山ケンイチですが、完全に無視する形で円盤を支配・・・ゲームの醍醐味であるラリーさえもせず、一直線に強い一撃でゴールに円盤を叩き込んでいたからだ。

 スタジオ内の雰囲気も、テレビを見ている視聴者もこれには唖然。「マツケンの表情が徐々に香取みたいに死んでいくのが面白い」などと感想を投稿する人までいたんです。

松山ケンイチ無視のワンマンプレー・・キムタクに唖然

マツケン参加してないように見えるけど。これでいいの?

 キムタクが出演した「関口宏の東京フレンドパーク2017新春ドラマ大集合SP!! 」。
大人気番組の6年ぶりの復活ということで、17年1月からスタートする3つのドラマ「A LIFE~愛しき人~」「下剋上受験」「カルテット」の俳優たちが集結してました。
医師の恋愛を描いた「A LIFE」にはキムタクのほか松山さん、竹内結子さん、木村文乃さんの4人が参加してたんですよ。そしてここからがスタジオと視聴者を唖然とさせた展開が・・・
最終ゲームのエアホッケーで起きたんです。

 キムタク、松山さんペアがお馴染みのお笑いコンビ「ホンジャマカ」と対戦した時のことです。
竹内、木村ペアが3対1で負けている場面からキムタク、松山さんペアに変わった。5点先取で勝負が決まるんで土壇場の状態でした。
キムタクは円盤を受け取るとラケットで静止させ、それを移動可能な範囲で、思いっきり敵軍近くまで運び、強い一撃で一直線にゴール・・ここまでするか?その後もラリーは無くそれを3連続も続けたんです。松山さんは自軍のゴールを守っているだけ、円盤に触れることもなく、ただ立っているだけの状態。ここでフインキを読まないアナウンサーが

  「さっきから松山ケンイチは何も参加してないように見えるんですが、これでいいのでしょうか?」

というナレーションを流したんですね。

フレンドパーク キムタク マツケン

出典 http://pbs.twimg.com

なおもキムタクは松山さんに円盤を渡さず、また同じように相手ゴールに叩き込んだ。そして4回目はホンジャマカ返され、松山さんはやっと1回だけ円盤に触れることができたのですが、キムタクはまたラケットで円盤を押さえ相手陣地近くまで運びゴールを決めた。4連続ゴールによって3対5の勝利でしたが、敗れて、というよりキムタクの“番組のことを考えていない行動”に呆然と立ち尽くしている「ホンジャマカ」の石塚英彦さんは、「何か変だぞこれ?」と言わんばかりに、まったく納得がいっていない表情。

 案の定、ネット上ではキムタクの傍若無人なワンマンプレーと、ゲーム内容がつまらなさ過ぎるといった批判が相次ぎ、「SMAP解散の原因が分かったよ」といった書き込みが掲示板に大量に溢れる事態となったんです。

キムタク、完全にマツケンを置き去りにして勝利。
チームプレイやその醍醐味が何もわからない人に映りますよ。勝利を優先するにしても正直、いやな人間に映ります

出典 http://twitter.com

昨日のフレンドパークのキムタクのエアホッケーwwwwwwwwww
「あぁ…こういうとこがアレなんやろな…」ってなったな。マツケンが存在消してて笑ったわ

出典 http://twitter.com

マツケンの表情が徐々に香取みたいに死んでいってるけど

キムタク マツケン 無視

出典 http://livedoor.blogimg.jp

 少し話は違うんですけど、「SMAP」の解散原因はよく分かってませんが、16年8月14日未明のジャニーズ事務所の発表では、
「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」というものでした。
2016年、年末のNHK「紅白歌合戦」出場の辞退にしても、「メンバーの意思を尊重する」というだけだったんです。キムタクと4人の関係修復は困難で、特に香取慎吾さんとの関係が報道で取り沙汰されたほどでしたね。
また、16年12月31日に元メンバーの森且行さんも参加した慰労会では、キムタクの姿は無かったのです。
こうした今までの経緯からネット上では

   「年下の俳優に見せ場を作るどころか、触らせもしない木村」
   「マツケンの表情が徐々に香取みたいに死んでいくのが面白い」
   「解散の真相を理解する上で重要な事案が発覚しましたね。メンバーよりも利益。自分がよければそれでいい」
   「こんな性格だからSMAP解散になるんだよアホ」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

などと、当然のように感想が掲示板に溢れたんです。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ