ツイッター自動つぶやきツール

角田信朗、今もある松本人志との確執「収録は中止や!!」ある事件で

エンタメ

角田信朗、今もある松本人志との確執「収録は中止や!!」ある事件で

 K-1格闘家で代表格の、角田信朗は1月16日、ブログで、ダウンタウン・松本人志との現在もぬぐい去れない確執を明かし、「真実が回り回って松ちゃんのもとに届くことを祈っています」と関係修復を願っていますね。

 角田さんは、ダウンタウンの熱狂的なファンだといい、「ある事件をきっかけにボクはダウンタウンの番組に全く呼ばれなくなってしまったのです」と赤裸々に告白してます。

ガキの使い 「芸人対抗・叩いて被ってジャンケンポン選手権」

 角田は「当時K-1は、ジャッジやレフェリングに様々な問題提起が為され、物議を醸していた時期でした。ミスジャッジの存在やそれこそ、武田幸三引退試合のボクのレフェリング然り、世界に広がる競技を統括する最高責任者のボクが、果たしてそんな状況下でバラエティー番組に出て『叩いて被ってジャンケンポン』のレフェリーを務める事が格闘技ファンから許容されるだろうか」とジレンマがあり、さらにK-1イベントサイドからも自粛してほしいと要請があったため、泣く泣くオファーを断ったという。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

 それから1年後、「ダウンタウンDX」の出演依頼があり、「ボクは久々のダウンタウンとの共演に大喜びすると共に、あの時に松ちゃんからのお申し出に応える事が出来なかった御詫びをやっと直接出来るチャンスが来た」と喜んだが、収録当日に中止となってしまい、理由が「松本さんが台本を見て角田の名前を見つけた途端に『収録は中止や!!』ということになったというものでした」と、当時のマネージャーから知らされたことを明かした。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

 「要するにあの時、ボクがオファーを断ったことに未だご立腹だ、というのです。ボクの中では当然もうとっくに丸く治まったことだと思っていただけにまさに青天の霹靂でした」と当時の心境を明かした。

 それから10年以上が経過し、角田は「ボクはこの事件、松ちゃんの提案にボクの出演を安請け負いして名乗り出た担当者が、まさかのNGの回答に松ちゃんに対する自分の体面を保つ理由を作るには他人(角田)を悪者にするしかなかったのではないか」と推測。「ボクは今でもダウンタウンが大好きで、番組は欠かさず観て、笑うたびに一抹の寂しさも痛感しています。あの時強引にでも松ちゃんの控え室に乗り込んでいって直接経緯を説明すれば絶対にこんなふうにはなっていなかったろうという想いは強いです」と明かし、「このブログに書くことで、この真実が回り回って、松ちゃんのもとに届くことを祈っています」と関係修復を願った。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

ツイッター自動つぶやきツール