ツイッター自動つぶやきツール

横浜小学生8人死傷事故 軽トラック運転手が認知症検査

国内

横浜小学生8人死傷事故 軽トラック運転手が認知症検査

どこ走ったか覚えていない…軽トラ突っ込み男児死亡

 惨状のあった10月28日、横浜市で登校中の小学生の列に軽トラックが突っ込んだ事故で、運転手の87歳の男の取調べに対する供述が二転三転することなどから、警察が認知症の検査をする方針を固めたことが分かりました。

 事故の起こった日、軽トラックを運転していた無職の合田政市容疑者は30日に送検されています。事故は28日朝、横浜市港南区の道路で軽トラックが他の乗用車に接触した後、小学生の列に突っ込み、小学1年生の田代優くんが死亡、7人が重軽傷を負った交通事故です。

横浜 軽トラック 事故

出典 http://livedoor.blogimg.jp

 事故後の捜査関係者への取材で、合田容疑者は、「なぜ現場を走っていたかわからない」と話しているという。また、事故を起こした前日に家を出て都内や神奈川県内を夜通し走っていたとみられていますが、事故発生の現場に来るまでの経路を「覚えている」と話しているが、実際には説明できないというのが現実で、さらに、事故直後には「ブレーキが利かなかった」と話していたが、現場にブレーキ跡はない。容疑者の供述があまりにも二転三転することから、警察は認知症の検査をする方針を固めたようです。

横浜 軽トラック 事故

出典 http://www.sankei.com

 また、当時の事故が起きた状況は、合田容疑者の運転する軽トラックの前方に乗用車が止まっていたため、右に急ハンドルをきったはずみで片方の車輪が浮き、不安定な状態の中、乗用車に衝突し、その後、左側を歩いていた小学生の列に突っ込んだ形跡を現場は物語っているという。

やりきれない横浜の死亡事故・・運転手が認知症?!

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

ツイッター自動つぶやきツール